将来的に人材不足が懸念される中で、既に退職した社員が作成したExcel マクロを社内の人間が有効活用することは重要な経営戦略の一つと言えます。(人的資源)

一括処理プログラムの開発は、中小企業、部門内で定期的に行う集計業務やレポート作成を自動化することで、定形業務に費やすコストを大きく削減できる他、迅速に正確なデータを提供することでお客様独自の戦略立案、意思決定に貢献できるデータとなります。

Excel 一括処理プログラム開発

Excel マクロの利活用/データ変換

快適な一括処理のプログラムを提供します!

自社システム開発の第一歩

 

パソコンを使用する様々な業務の中で、定形業務を一括処理することは最も投資対効果を予測しやすいため、自社システム開発の第一歩と言えます。

#1

 

データの精度向上、属人性排除

 

高価な人的資源(リソース)を定形業務に投じても、作成されるデータの精度はシステムと比較して低く、定形業務自体の属人性が増し、企業の安定運営に寄与します。

 

既存マクロの安全な継続運用

 

既に退社した従業員が作成したマクロを利用しているお客様は、OSやOfficeのバージョンアップに追随できず、セキュリティに問題がある可能性があります。

Excel(エクセル)管理からデータベースへ変換

 

ビッグデータ時代と言われるように、蓄積されたデータはお客様の財産となります。しかし、Excelでは処理速度の問題で不都合が生じる規模になっていきます。

大企業と同じ技術を全ての会社に

多くの開発実績

 

システム開発で最も懸念されることは、「利用されないシステム」になってしまうことです。弊社は企業の規模を問わず、利用人数、コスト効果などを計算して最適なソリューションを提案、導入し、10年以上の稼働実績があります。Excelのマクロのようなプログラムであったとしても同じです。世界的な大企業でも部門内では小さなプログラムが多数動作しています。

システム最適化
 

精度向上、属人性の軽減

本業・経営への貢献

 

企業のIT投資における最も効果的な初期段階のアプローチは「量が多く単純な業務を一括処理(自動化)」することです。エクセルマクロで利用するVBAはWindowsでは標準のプログラム言語としてバージョンを問わずに動作します。御社のWindowsサーバに開発したプログラムを配置するだけで、高価なミドルウェアに投資をすることなく、お好きな時間にプログラムを実行することで定形業務を高精度に実行することができる環境を手に入れることができます。

業務の自動化
 

使いなれた?現システムの診断

既存資産の有効利用

 

既に作成した担当者が退職してしまったマクロを運用されている企業には、さらに改善できる要望をお持ちのお客様がいらっしゃいます。しかし多くのケースが、不具合が残っていて使い難い状態のまま運用されているケースです。弊社は、このようなお客様の現状の問題に対して豊富なシステムメンテナンスの経験から実現可能な解決策をご提案することができます。

システムメンテナンス
 

来たるビッグデータ時代

ExcelからDBへ

 

エクセル(Excel)は非常に高機能なため様々な用途で利用されていますが、あくまでも表計算のソフトウェアです。大規模なデータを扱う場合は、同時利用ユーザや処理速度、データアクセスセキュリティの観点からデータベースに移行(データ変換)することが最適なケースがあります。弊社は創業以来、データベースを利用したアプリケーション開発のスペシャリストとして、最適なソリューションをご提案いたします。

来たるビッグデータ時代

ExcelからDBへ

 

Excelをデータベースへ移行
 

いざという時の安心感

バックアップ・サポート

 

弊社が開発したプログラムは、弊社内でも最新版を管理します。お客様のサーバ、パソコンの故障の際には、迅速に復旧、リカバリーが実施できる体制が整っている他、システムの仕様を記述したドキュメント類には、いつでもインターネットからセキュアにアクセスできる環境を整えてお客様の要求に迅速に応え続けます。

バックアップ・サポート

アイデアを形にできる技術がこの価格

ご利用料金

 

 

無料での訪問ヒアリングは片道1時間以内のエリアとさせていただきます。また、お見積・ご提案に関しても訪問説明をご希望されるお客様は交通費を請求させていただきますのでご了承ください。

2年で回収を目指します

費用対効果+α

 

本サービスは一時的な開発費用を2年で回収することを理想としてご提案させていただきますので、初めてご利用されるお客様に関しましては、ご希望に添えず提案ができない場合があるかもしれません。これは弊社が「できない」のではなく、お客様が「効果を体験しにくい」提案となる可能性があるからです。そういった場合は改めて打合せをさせていただき、信頼関係の構築に努めて参ります。

例)月締めの定形業務を経理の2名の社員が毎月2日掛けて処理をしている場合の年間コストの5年累計

コスト削減効果

3年目からコスト効果が現れる他、属人性が低下することの安心感、正確なデータの入手が実現します。

お客様のアイデアをカタチに

開発事例

 

社員は財産と言われます。従業員のノウハウは蓄積され、アイデアが盛り込まれてまさに会社の財産となりますが、そのノウハウを社内にしっかりと残していかなければ、不慮の事故や退職等によって失うリスクを伴ったものになります。弊社はそんなノウハウを社内に残して永続化させてきました。お客様の業界業種によってニーズはさまざまです。是非お気軽にご相談ください。